テープ起こしの未来について

はじめまして!在宅ワークでテープ起こしの仕事をしている吉塚といいます。

今日からテープ起こしについての様々な情報を配信していきますのでどうぞよろしくお願いします。

まず、最初ということで、テープ起こしの仕事を簡単に説明したいと思います。

テープ起こし(音声・文字起こし)というのは、音声の内容を聞きとりながら文字化する仕事になります。

私もこの仕事をする前は、その存在を知りませんでしたし意外と知られていない、結構認知度の低い仕事かもしれません。もとを正せば速記からスタートした職業で、ネットが普及する一昔前から在宅ワークの仕事として行われていました。

一昔前は、テープレコーダーを使用していましたが、近年はそのような案件は少なくなり、ほとんどがICレコーダーなどを使って録音された音声ファイルをパソコンに取り込んで作業を行っています。

さて、そんなテープ起こしですが、近年すごい勢いでテクノロジーが進歩しています。そのため、今後、テープ起こし自体が完全に機械化される可能性が十分あります。

例えば、YouTubeなんかは、音声を文字起こしする機能が搭載されていますし、今では文字起こし専用のソフトなども販売されていますからね。

アメリカでは、聴覚が不自由方向けに、テレビのニュース番組などは音声とほぼ同時に画面に文字が表示されるようですし、どんどん進歩していることが分かります。

英語は日本語とは違いシンプルですし、機械化しやすいかもしれませんね。日本語は、漢字、ひらがな、カタカナとありますし、英語のように簡単にはいかないかもしれませんが、それが克服される未来もそう遠くはないかもしれません。