テープ起こしの整文と要約とは?

こんにちは!吉塚です!

テープ起こしには、整文と要約という2種類の起こし方があります。

それぞれ起こし方に違いがあって、仕上がり方も全く異なってきます。

テープ起こし

出典:写真ac

整文とは?

整文というのは文字通り文章を整えて、語尾を統一した起こし方になります。

インタビューや講演、冊子化させるためのチェック原稿などに用いられます。語尾を「ですます調」に修正したり、「である調」に統一させて意味のない言葉は全て排除されます。

そして、倒置や文法上の間違いも正しいものに修正をしていきます。

要約とは?

要約というのは「サマリー」とも言われますが、その名の通り話している内容をまとめながら文字起こしをする方法になります。

予め文字数や見出し付け、段落分けなどまとめて要望を受けて、それに沿って作業をすることになります。要約は話の内容を理解したうえで、指定された文字数にまとめないといけないので、難易度が高くなります。その為、要約ができるテープ起こしライターは限られます。

そのため、要約は会議やインタビュー等の音声の文字起こしには適していません。どちらかというと講演など一人の人が話をしているような音声に向いています。

要約を希望される場合ですが、納品は要約した原稿だけになるので、全体の原稿を見ながらまとめたい場合には不向きになります。

もし、全体の原稿を見ながらまとめたい場合は整文を依頼した方が良いでしょう。そうすれば、読みやすい文章になって納品されますので、まとめやすくなると思います。

テープ起こしを依頼するなら

テープ起こしをどこに依頼するか迷っている方は、何社かのテープ起こし業者に連絡して相見積もりをお願いして比較検討してみると良いと思います。

全国のテープ起こしの会社をまとめているサイトもありますので是非参考にしてみてください。

テープ起こし会社へ依頼すれば、不明点があっても丁寧に対応してくれますし、音声データの送り方などもわかりやすく教えてくれますからね。

また、テープ起こしの方法や種類、料金なども説明してくれますので、非常に便利ですよ。